いやでも楽しめる算数

講談社文庫の「いやでも楽しめる算数」(清水義範著、え・西原理恵子)を
今日の帰りにようやく読み終えました。

“ようやく”というのも、この本は去年の12月15日に購入以来、
カバンの肥やしになっていたからです(苦笑)

この本は清水氏が「算数の話をおもしろエッセイにできるか」ということから書いた本で、
算数が苦手な人にも原理から説明して楽しんでもらおう、という狙いのようです。

私自身はこの本のシリーズもの
おもしろくても理科」「もっとおもしろくても理科
どうころんでも社会科」「もっとどうころんでも社会科」と
これらが文庫化されるたびに買って読んでいたのでした。

が、どれもカバンの肥やしになりやすく...

決して内容が面白くないわけではないのです。
何せ、シリーズでずっと買ってしまうくらいですから。
ただ、いずれも購入当初は勢いで読むのですが、
その内に「なんで通勤時に頭使って読まにゃあかんのだ」と思い出したりして、
別の本を購入するとそちらが優先になってしまうのでした。

本の内容としては、
“算数をいろいろな切り口から見てみるので、あなたに合うところがあったらいいですね、
そんな中から原点を見つけ出して興味を持ってもらえたら”
というような感じです。
その説明をする清水氏の本文に対して、
全くかみ合わない西原画伯のマンガが挿入されていて、
そのアンバランスさがまた絶妙なバランスとなっているのです。

今日は最後に残っていた一章を一気に読み終え、
電車に揺られて睡眠へと移りました(笑)
[PR]
by RRR134 | 2005-02-25 23:40 | 読書


<< 停電 爆発 >>