サッカーW杯アジア地区2次予選

何とか仕事も終わり、ほぼ真っ直ぐ帰宅。
TVをつけたらちょうどキックオフの寸前でした。

いきなり小笠原のFKにはビックリ。左下隅というのはあまり見ない気がします。
壁を越えたらいきなり落ちてくるのだから、
ワールドクラスのキーパーでも難しかったでしょう。

で、ここを3-0くらいで勝てれば他の3チームが2位狙いに...
なんていう考えは大甘でした。
あっという間にシュートが打てないいつもの日本に。
というか、ショートの横パスをカットされまくるとは、いつもの日本以下。

TV中継では「両国の魂のぶつかり合い!!」などと騒ぎ立てていましたが、
私には「魂の北朝鮮」と「抜け殻の日本」にしか見えませんでした。

そうこうする内、日本失点。
友達と電話で話したのですが、あの位置から打ってくる日本人がいないので、
川口も感覚の違いにとまどったのでは?という逆のつかれ方でした。

その後は何とか同点で持ちこたえていたので、
これは1次予選のオマーン戦のような詐欺勝ちが見られるか!?と思ったら、
まさか本当にそうなるとは。

内容は最悪も、結果だけが求められる試合の結果としては良かったと言えるのでしょう。

たかだかTV観戦していただけなのですが、疲れました...
[PR]
by RRR134 | 2005-02-09 22:36 | スポーツ全般


<< ぜいたく~ 通勤の朝に考えた問題 >>