<   2005年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

福浦和也

いうまでもなく、いまやMarinesの看板打者。
彼が、パリーグ選手で最後の契約更改を先週末に終えました。

Marinesの地元、習志野高校から入団。
イチローの抜けたパリーグで初の首位打者(2001年)となり、それ以来4年連続3割。
言うまでもなく、Marinesの日本人打者としては現在一番の実績でしょう。

今回の契約更改は2500万円UPの推定1億8000万円、
出来高を含めれば2億円超の3年契約だとか。
あえて、「ちょっと待った!」と言いたいです。

最近の野球界、良い成績をこれだけ続ければ、
1億5000万円くらいまではまだ普通かな、と思います。
しかし、それを超える選手には、何かとてつもないものが期待されると考えます。
昨年が首位打者を取った年ならそれはそれでいいのだとも思いますが、
たかだか打撃成績の9位。パリーグの3割打者は15人もいます。

やはり、1億5000万円もの年俸があれば、
3割を打って現状維持くらいが妥当ではないでしょうか。
それに付加する、例えば100打点とか40本塁打とか30盗塁があれば納得できます。
しかし、福浦は3番が一番多い打順であるにも関わらず、
80打点をマークしたことがありません。しかもチームはBクラスばかり。

日本球界、高年俸の選手に甘すぎると思います。

かくなる上は福浦選手、この3年契約を終えた時、
“複数年契約できたとはおいしかった”と
球団に言わせるような活躍で私の戯言など吹っ飛ばしてほしいものです。
[PR]
by RRR134 | 2005-01-31 23:08 | 野球

モバイルマウス購入、しかし。

最近はこのブログを立ち上げたこともあり、ネットカフェに通う毎日。
喫煙席から遠い、禁煙席の窓側のノートPCがほぼ定位置。
ネットの巡回等の普段使いならタッチパッドでも特に不満はないのですが、
図面を編集したりする機会があると、やっぱりマウスが便利。
長時間のパックならお店に申し出て借りることもできますが、
短時間の時にはそれも面倒になります。

さらに自宅PCもマウスがくたびれてきていたので、
いい機会と思い、昨日モバイルワイヤレスマウスを購入しました。

まずは自宅でお試し使用。
ちょっとワイヤレスの指向性が難しいところもありますが、中々良好な感じ。

そして、今、いつものネットカフェに来ました。
しかし、いつものノートPCには、あらかじめマウスが常設された状態になっていました...
[PR]
by RRR134 | 2005-01-30 18:55 | 買い物

バスケットボール

JBLスーパーリーグ、トヨタ自動車アルバルクvs.オーエスジーフェニックスを観戦。

バスケットボールは昨年12月の観戦が初めてでした。
今朝、友人と電話をしていて、「今日どこかで観戦できるスポーツない?」
という会話からトントン拍子に話が弾み、気がつけば代々木第二体育館へ。

この日の試合は叩き合いの好勝負。
最初の頃こそあまり点が入りませんでしたが、一旦決まりだすと華麗なプレーの応酬。
座った席がちょうど片方のゴールの真横で、高さもバスケットくらい。
本当に空中を歩くようようなプレー、パスを空中で受けてそのままシュートなど、
生観戦の迫力を堪能できました。

勝負としてみても第3Q終了時で、トヨタ 63-65 オーエスジーと大接戦。
第4Qになると、オーエスジーの3Pシュートが面白いように決まり、大差となりました。

試合中に判定でかなりモメていましたが、
バスケはそれでもファウルを取られたりはしないようです。

オーエスジーの控え選手は、自分のチームが勝ちそうな展開だったこともあるのでしょうが、
得点をするたびにジャンプして体をぶつけ合う人がいて、それもそれで迫力でした(笑)
[PR]
by RRR134 | 2005-01-29 23:06 | スポーツ全般

棋士 二上達也

もう引退された将棋棋士、
二上達也九段著の『棋士』を帰りの電車で完読。

私が将棋に興味を持った頃は、既に年配の棋士だったように思います。
印象としては、大山十五世名人に追いつけなかった棋士、
というのが率直な言い方になってしまいます。

しかしこの本の中では、二上九段自身はそんな自分に甘い部分を感じつつも、
将棋会で自らの置かれたポジションや出来事を淡々と語ります。
そんなに悔やんではいない、というように見えるのですが、
どこか納得行かない部分もあったのではないかと思ったりもしてしまいます。

私自身はあまり綺麗な将棋を指さない棋風ですから、
二上九段の将棋にはあまり共感できないところもありましたし、
今でもそうかもしれません。
でも、この本を読んで、一度は昔の棋譜を並べてみたい、とも思いました。
[PR]
by RRR134 | 2005-01-28 23:33 | 読書

BUILDING OUR DREAM!

監督が昨日1/26に来日して、今朝そのニュースを見ました。
今年のチームスローガンは「BUILDING OUR DREAM!」

果たして今年は何試合観戦に行くのでしょうか。
そんな想いをはせて、今朝の通勤時には頭の中にチャンステーマが。

そして、プレーオフへの進出は!?その先は!?
夢を見させてほしいものです、Marines
バレンタイン監督、お願いしますよ。
[PR]
by RRR134 | 2005-01-27 22:22 | 野球

クイズ!スパイ2/7

最近見ている「クイズ!スパイ2/7」という番組があります。

まず最初にルールを書きます。
解答者が7人いて、内2人がスパイです。
司会は2択クイズを全員に出題し、全員でディベートして解答を決めます。
この時、不正解であればデリーター(親)が誰か1人をデリート。正解なら誰も消えない。
これを繰り返し、最終的にスパイ2人をデリートできればプレイヤーの勝利。
逆にプレイヤー5人がデリートされたらスパイの勝利です。

ただし、2人のスパイには2つの特典が与えられています。
1つめは「スパイはお互いを知っている」
2つめは「スパイはクイズの答えを全て知っている」
ということです。

実際に番組を見ると、プレイヤーもスパイも口八丁手八丁で自分が消されないように頑張ります。
プレイヤーは自分がスパイと思われるようなしぐさをすれば、仲間のプレイヤーにさえ消されます。
スパイはあの手この手でプレイヤーに正解させようとしたり、
プレイヤーの誰かが疑われている時はそれを利用して共食いさせようとしたりします。

こんな深い心理戦に、すっかりハマってしまいました。
ついたて将棋の推理に通じるものがあるからかもしれません。

放映は土曜深夜26時頃、
フジテレビの「DO!深夜」の冒頭30分です。
私はPSXで録画して翌日以降に見ています。
みなさんもぜひ一度は。
[PR]
by RRR134 | 2005-01-26 23:39 | TV

カレー丼

夕食は久々の吉野家で軽く並カレー丼とけんちん汁

昨年のちょうど今頃、
米国産牛のBSE問題により牛丼危機!?を目前にした吉野家
カレー丼という新メニューを投入しました。

早速食べてみると…
まずい!
何とも形容し難い味、あえて書くと子供用の甘さが粉っぽい感じ。
吉野家もよほど焦っていたのだなぁ、と思いました。

今夜はそれなりに満足してその足でネット喫茶へ。
さらにその帰り、デザート?に中村屋のあんまんで締めました。

しかし…なぜあのカレー丼、もう一度食べたんだろう!?

(2005.1.26追記)その後、それなりに食べ続けているのはこれだったのか...
[PR]
by RRR134 | 2005-01-25 23:26 | 食べ物・飲み物

不動産屋の広告にて

昨日、帰宅したら不動産の広告が入っていました。

何気なく見てみると、
“休みの日は、自転車で約14分の「海」でサーフィン”
このコメントには注記がしてあり、
自転車の速度と海までの距離を定義してあるのだろう...と思えば図星。

その注記、
“※掲載の自転車走行分数は3.4kmを”
の記述までは良いのですが、その次に強烈な違和感が。

“時速15km/1分で算出しております” って、なんだこりゃー!!
[PR]
by RRR134 | 2005-01-24 22:44 | りくつ・こだわり

ミックスジュース

私はいろいろなミックスジュースが大好きです。
大阪に行くと、必ず阪神百貨店の地下で飲みます。

そういう本格派のミックスジュースだけでなく、何でも混ぜてみたりします。
今もネットカフェで、ペプシコーラ+ホワイトウォーターなるものを作り、
飲んでみていますが、案外面白い味ですよ。
ファミレスのドリンクバーやネットカフェの出現により、冒険が気軽にできるようになりました(笑)

自分で作ったのではなく、ギャンブル?で試しに買ってみたのが、
リアルゴールド+カルピスソーダ。
千葉県内某所の自販機に置いてありました。
リアルゴールドの元気が出そうな雰囲気と、カルピスソーダの柔らかい雰囲気が
うまくかみあわさっているように思えました。

今までで最悪のミックスジュース?は、高校1年生時に打ち上げで作成した物。
友人宅に集まってのパーティー中、ゲームの罰ゲーム用に作ったのですが...
コーラ+コーヒー牛乳+オレンジジュース+固形ラムネ
間違っても、試そうなどと思わないでください(そんな人、いませんか)
[PR]
by RRR134 | 2005-01-23 19:53 | 食べ物・飲み物

柳家 小三治

柳家 小三治の落語に行ってきました。
相変わらずのまくら、話していない状態での間の取り方に感心...ではなくて、爆笑。
今年は少々早めに終わってしまったのが残念。

柳家 花緑は数年前より格段にグレードアップ。
奔放な仕草、多人数を演じる力、今回は見事に引き込まれました。
[PR]
by RRR134 | 2005-01-22 18:35 | ライブ