交流戦で対戦したい打者

この週末は体調不良。
近所のスーパー銭湯とネットカフェくらいしか行けない状態でした。

で、風呂から上がり、
軽食をとりながら日刊スポーツでプロ野球情報をチェック。

'05 12球団日替わり特集があり、
今日はMarinesの番で「ジョニーは甦る」がメインでした。
キャンプをどう過ごしているかとか、実戦登板の予定はとか、復活についてとか、
様々な記事がある中で、「交流戦で対戦したい打者は?」に対する回答に大注目。

タイトルホルダーやら長距離砲やらの指名かと思いきや、
「中日の井端君、荒木君」という答えでおおっ?と。
「どれだけの球数で終われるか。粘る打者だと聞いていたんで。
 僕もやれいけ、それいけだから、カットされるんでしょうね。
 2人終わるまで20球いったら、どうしようかな。」と何ともユニーク。

ただ、この答えには「今年こそ“野球”のプレーそのものを楽しみたい」
という決意がにじみ出ているように思えました。

昨年は東京Dでの復活登板…ガンちゃんとの投げ合いから、
聖地千葉マリンでの復活など、かなりの登板試合を見ました。
が、唯一勝ったのは彼の地、北九州。
今年こそ、千葉マリンで勝って雄叫びを上げるジョニーの姿を見て、
試合終了後のバンザイで共に喜びたいものです。

余談ですが、銭湯の脱衣所で使ったロッカーの番号は黒木でした(笑)
さらに余談ですが、銭湯の靴箱で使ったロッカーの番号は井上純でした。
#数字を見ると、このように選手名に変換してしまう習慣が...
[PR]
by RRR134 | 2005-02-13 21:11 | 野球


<< つんでいる 強すぎるアマチュア >>