当初からの予定で

この日は東京Dでの北海道日本ハムファイターズ-オリックスバファローズを観戦。

4/18分にあんなこと書いていると“当初の予定”は嘘っぽいですが、
仕事がとっても早く終わるラッキーな日でしたので...

しかし、前夜にあんなことがあったおかげで東京Dはバカ混みでは...との懸念も、
開門前に外野ゲートに着いてみたら拍子抜け。M戦の方が混んでるよ...
その時点で私より前に並んでいる人達は、両チームを応援する人が大半でした。

開門前だったので球場の周りをぐるぐると巡回していると、
Fsユニフォームを身に付けた親子がTVカメラを向けられたりしています。
それだけではなく、TVカメラを持った人達が3組くらいは見受けられました。

開門。私はレフト側の一番センター寄りに陣取りました。
友達はレフトポール寄りに陣取ったのですが、私はこの日だけはSHINJOウォッチングに徹することに。

試合前の守備練習、SHINJOは出てきません。
まぁ、こんなことはよくあるのですが、スタメンじゃなかったらつまらんなぁと思っていると無事にスタメン。

1回表、Bsは三者凡退。

1回裏、Fsも簡単に二死。
三者凡退かな?と思っていると、3番のガッツ(小笠原)がインコースの難しい球をライトスタンドへ。
ふぇ~、と思いつつ、さすがに6番のSHINJOまでは回らないだろうと思っていると、
4番セギノールはセンター前へ、5番稲葉はぶつけられて死球。
ネクストバッターズサークルにいたSHINJOも心配そうに見守りますが、稲葉は何とか1塁へ。

それにしても初回に回ってしまった!しかも!c0030366_22461046.jpg

3ランHR!

を打っちゃうもんですかねぇ、あんな発言の翌日第1打席で。
c0030366_22502861.jpg

Fsの攻撃が終わり、センターへ戻ってきたSHINJOは耳に手を当て、
ツヨシ!コールがもっと大きく聞こえるように要求します。
Fsファンもそれに応えて一層大きなツヨシ!コール。
そして、SHINJOはそれに応えてこんなガッツポーズ。

第2打席ではセーフティバントの構えも見せてみたり、好守も相変わらずだったりで、
本当に目立っていました。

試合のテンポもよく、あっという間に試合終了。

Fs 6-3 Bs

ヒーローインタビューは先発で勝利投手となったリーでした。
(M戦で見た時はダメダメだったので、こんないい投手だったんだ~、と感心の投球でしたが)

それにしても、SHINJOという選手のスター性をまざまざと見せつけられた試合でした。
でも、これでSHINJO個人だけを中心に試合を見るのは終わり。
M戦では敵だ!
[PR]
by RRR134 | 2006-04-19 18:00 | 野球


<< 返し技 前略 新庄剛志様 >>