開幕投手の初勝利

この日もインボイス西武ドームへ。
かなりの疲労感があったため、内野自由でぬるーっと観戦。

試合前にはブルペンで渡辺俊が投げ込みを行っていました。
フォームチェックが主だったようで、ブルペン捕手と何度も会話しながらでした。

昨日のゲンをかついで、串牛肉を食べたりなんぞしている間に試合開始。
先発はM久保-L涌井。

涌井は前回マリンでやられた時にも見ましたが、
昨年に比べて左右の制球が安定したように見え、中々打つのは容易ではなさそうです。
対する久保はWBC組が投げられない影響で開幕投手を務めました。
c0030366_2493746.jpg
が、ここまで勝ち星なし。
この日も正直厳しい戦いというのは覚悟していました。

初回、Mは簡単に3人で終わり。
Lは、、、1番赤田のショートゴロを西岡がエラー。
首位のチーム相手にそんなことやってたらまずいよ~と思っていましたが、無難に終了。

2回表、先頭M4番ベニーがレフトスタンドへ一発。
3回表、2死満塁からM4番ベニーが今度は渋くセンター前へ。
(その後、2塁走者の福浦が牽制で刺されますが...)

M 3-0 L

気まずいプレーもありますが、点数的には上々の出だしです。

3回裏、1死一塁でL1番赤田の当たりは鋭くショートの頭上を...
と思いきや、西岡がジャンプ一番頂点での好捕。
1回のエラーを取り戻します。

4回表には無死からフランコの中前の打球を赤田が突っ込んでキャッチ!
と思いきや、判定はヒット。しかもフランコは2塁まで達していました。
赤田も伊東監督もアピールしますが認められません。
こんな時に出てしまいます。今江に2ラン。
そして6回表には里崎にソロと、なぜだかホームラン攻勢。

M 6-0 L

久保のピッチングも前回の楽天戦での好投をさらにパワーアップさせたかの
ような感じで、今季初勝利も見えてきました。

6回裏、無死でL1番赤田、サード後方へのファウルフライをこれも西岡好捕。
初回のエラーを取り戻すどころか、余りある守備力。

この後も、Lにも美技が数回あり、さながら好プレー集のようになってきました。
そんな中、快調に投げ続けていた久保が、8回表につかまります。
一死12塁から、Lのクリーンアップ中島・カブレラ・和田に連続タイムリーで4失点。
しかも最後の和田は3塁打だったので一死3塁。
一気に気まずいムードとなりますが、ここで投手交替をしないとは度胸があるというか。
久保もそれに応え、見事に後続は断ちました。

M 6-4 L

こうなればもちろん9回裏はコバマサ劇場。
一死から9番高木にとりあえずフォアボール。
そして二死からは昨日HRの代打江藤!!
ある意味抑えられそうな気がするも、やはりこういう場面では怖い打者。
と思っていると、空振り三振に抑えてしまったりするのでした。

M 6-4 L

ライオンズは若い戦力が乗りに乗っていただけに、
そして、表ローテの松坂・西口・涌井だっただけに、
3連敗も覚悟していました。
が、望外の勝ち越し。
Mの勝ちそのものもそうですが、Lをしっかり止めたことに価値があるように思いました。

ヒーローインタビューは今季初勝利の久保。
8回の4失点があったとはいえその回でKOされたわけでもなく立派なピッチングでした。
それを聞きながら私は出口へと向かいます。
この日は外野応援をしていたわけではなかったので、
試合終了後のレフトスタンドの喜びの輪にも混じらず、まっすぐに帰宅しました。
[PR]
by RRR134 | 2006-04-16 13:00 | 野球


<< 林家特集 初と350と >>