始球式

この日もM-Fs戦。
今日の話は普段からパ・リーグ観戦をしている方にしか通じない可能性大です。

始球式はこのブログでも数回触れているアノ人、初芝清氏(ここより後敬称略)でした。
それだけでも試合開始前から球場にいた甲斐があるというのが、Mファン魂!?

この日の風速は最大15M。
c0030366_22165072.jpg
内心「初芝が現役だったら、楽しかったのになぁ」と残念な気持ちで一杯でした。
また、千葉マリンスタジアムには今年から“フィールドウィングシート”ができたのですが、
初芝がサードを守っていたら、正に“エキサイトシート”なのに、、、などとも考えていました。

そうこうしている内に初芝登場。
ウグイス嬢が「ピッチャー初芝」(語尾上がる)と告げ、
マウンドへ向かってゆっくり歩いていきます。
が、何か違和感が...
c0030366_2225059.jpg
今や定番となったハッピ風ユニフォームをスーツの上から着ているのですが、
黒パンツの上にハッピでは、あの幻の“侍”そのものなんですが...(唖然)

初芝にボールを届けるのは、初登場のベースボールドッグのエルフちゃん。
カープのマネとはいえ、これも楽しみにしていました。
ボールを持ったカゴをくわえて、マウンド付近で待つ初芝と主審の下へと走ります。
一旦、主審の辺りで止まりかけたのですが、もう一度加速してセカンド方向へ。
c0030366_22313754.jpg
塀内二塁手の周りをうろうろしていました。
私はまた内心こんなことを。
「黒いストッキング出してるからって、それは初芝じゃないよ!」
結局、後ろに写っている西岡遊撃手がボールを取って、
マウンド方向へ投げました。

エルフちゃんはその後、初芝の下へ再び駆け寄り、初芝になでられていました。
そして初芝の始球式、、、という時にはまたセンター方向へ走っていってしまったのですが。

c0030366_22365714.jpg
とにもかくにも始球式が終わり、初芝はグラウンドを去っていきます。まだ現役だったらなぁ、、、と、繰り返し思うしかないのでした。

さて、試合はM小野-Fsダルビッシュの先発。
しかし、ダルビッシュがかなりの調子の悪さ。
一気に試合を決めるかと思いきや、小野も少々失点し、4回表を終えてM4-3Fsと1点差。
4回裏にダルビッシュを降板させて2得点したものの、その後は双方点が入らずに
9回を迎えてM6-3Fs。

小林雅が3点差で登板、とりあえずお約束で稲葉に二塁打を打たれますが、
その走者は返すものの元々3点あったのは大きく、そのまま勝利。

M 6-3 Fs

しかしまぁ、、、今日のダルビッシュからこれしか点が取れないようでは、
というような試合でした。

試合後はまたも寒いというのに、WBC出場選手の表彰。
挨拶は一番若い西岡が無理やり?させられていました。




ファイターズのラッキーセブン時にレフトスタンドにこんなものを見つけました。
c0030366_22523749.jpg
[PR]
by RRR134 | 2006-03-30 18:12 | 野球


<< 寝耳に... マリーンズクオリティ!? >>