心の勝利投手、セドリック

間違いなく、本日のベストプレイヤーでした、セドリック。

もちろん、古田の2000本安打生観戦を期待して行きましたが、
ヤクルト打線は宮出を除いて全くダメ。
古田も例外ではありませんでした。

セドリックを完投させるのは自然な起用かとも思いましたが、
8回裏YB2―1Ysで、
先頭に代打で右の度会が出てくると
木塚に代えてしまいました。

またその木塚も良かったのですが、
こうなると一つの流れが出来上がっています。
度会・宮本と右2人を抑えたところで、
左の青木に対し、左のホルツ。
ホルツも見事に抑えて、その後9回表のYBも無得点。
2―1のまま9回裏へ…

先頭打者は球界屈指の左打者岩村。
とは言え、今までなら回の先頭から大魔神投入が常識でしょう。
しかし、ホルツ続投。
さらに岩村も抑えました。

ここでようやく大魔神佐々木を投入しましたが違和感は消えません。
ラミレスはセドリックに全く合っていませんでしたが、
ここでバッチリ合ってしまうとは…

打球が多村の頭を越えてスタンドインするとともに
この試合で築き上げられた何かが崩れ去るような脱力感がありました。
たとえ、YBファンではない私と言えども…

直後、古田が大歓声の中で打席へ。
佐々木もここは踏ん張りましたが、
最終的には土橋にサヨナラ打を…

接戦での逆転サヨナラなどそうそう見られはしませんが、
何とも後味の悪い感触だけが残りました。

試合終了後、球場の外で人だかりのする場所が。
その向こうを見てみると今日は登板しなかったYBクルーンがいます。
ファンに近付いて来て握手を始めました。
その後ろからさらにセドリックが!!
握手はYBファンにお任せして、私は一言声を張り上げました。
「セドリック!ナイスピッチング!」
[PR]
by RRR134 | 2005-04-21 23:41 | 野球


<< 旅行の準備 雨 >>