欽ちゃん球団初試合

この項、書き込みは3/21完成?です。

朝、5時過ぎに起きました。6時過ぎには家を出ました。
昨日は寝たのが結局0時過ぎでした。
東京駅7時40分発の水戸行き高速バスに乗った目的は、
欽ちゃん球団、茨城ゴールデンゴールズの初試合観戦のためでした。

バスの中では少しは寝ましたが、座席も狭くリラックスしたとは言い難い状態。
10時前には水戸駅前に放り出されましたが、開門は11時半。
ここからの移動にどれくらいかかるか分かりませんが、
まずは水戸駅前で食料を調達しました。

10時半くらいに頃はよしと見て、路線バスに乗車。
結構な距離を走って、水戸市民球場の周辺に来ましたが、、、
駐車場は車であふれ返っています。

バスを降りて球場へ向かって歩き出すと、すぐに人の列が見えます。
え~っ!?




とにかく人の列が長すぎたので、まずはグッズ売り場をチェックすることにしました。
友達が「あそこに福袋があるぞ」というので向かってみましたが、、、、
なんと<茨城県農産物詰め合わせ>...

本来のゴールデンゴールズのグッズ売り場に行き、
話題の女子選手片岡安祐美選手のTシャツと、ロゴ入りボールを購入しました。
しかし、背中に「AYUMI 1」と入ったTシャツなんて、いつ着られるんだか...

さて、自分達が入る内野自由席の入り口に向かいます。
大体、三塁ベースの少し後ろくらいに入り口を見つけましたが、最後尾はまだまだ。
どんどん歩いて結局、外野スコアボードの端くらいの位置に並びました。
これが開門前の話です。

開門して中に入ると案外自由に席が選べる状態でした。
片岡安祐美選手の守備位置がサードと思っていたので、
三塁ベース真横くらいに座ってみました。

すぐに欽ちゃんがグラウンドに登場します。
選手が練習をしているのですが、マイクパフォーマンスのしっぱなし。
これは試合終了までずっと続きました。

対戦相手はマスターズリーグ選抜です。
いよいよ試合開始、、、ですが、スタメンがスコアボードに出ません。
なんで?と思っていたら、投手のみスコアボードに表示されました。
あとは、打者が打席に入るたびに1人ずつ表示されていくしくみ。
正直、かなり違和感がありました。

先攻はマスターズリーグ選抜。
ゴールデンゴールズ先発の仁平投手は地元常総学院出身で大拍手を浴びていました。
が、制球が中々定まりません。
1回は何とか抑えたものの、2回表には高橋智(元BW、Ys)に一発を食らいます。
しかし、そこから立て直したのは見事でした。

片岡安祐美選手は2番で出場。
2打席目にうまく一二塁間を抜きますが、、、ライトゴロ!?
そう、本西選手が大人気なく?かなり前に守っていたのでした。
感心するしかありませんが...

この本西選手が実は今日の主役。
上記以外でも猛ダッシュでの好キャッチやら、好返球やらを見せつけ、
さらに打球が一度も飛んでいないセカンドの片岡安祐美選手を狙い撃ち?し、
横っ飛びするもグラブを弾いてセンター前、というヒットも打ったのでした。

しかしその後、何でもない外野フライを落球したり、牽制アウトになったりと、
こっちの意味でも主役だったのです。

ゴールデンゴールズは顔見せの意味もあるのでしょう、
中盤からバンバン選手を交替してきます。
それがある意味見事に的中して逆転に成功しました。

9回表は1点差でランナー3塁という緊張の展開も、見事にかわしきりました。

試合結果: 茨城ゴールデンゴールズ 5-4 マスターズリーグ選抜

試合終了後は欽ちゃん大感激の様子でした。
マイクパフォーマンスは止むことを知らず、グラウンド内もあっちに行ったりこっちに来たり。
心底、「何かをやりたい」という様子がうかがえました。

私はというと、寒い中での観戦となり、かなりのヒドい頭痛に。
水戸駅まで帰るバスの中で多少治りましたが、
本当にまともになったのは帰りの常磐線内でした。

ちょうど書き込みの時刻頃に帰宅。
長い長い1日でした。
[PR]
by RRR134 | 2005-03-20 22:40 | 野球


<< オープン戦最終戦 対Dragons オープン戦 >>