今季初観戦

他のスポーツ観戦のことばかり最近は書いていましたが、
ようやく“本業?”のプロ野球観戦で千葉マリンスタジアムに行ってきました。
プロ野球のスタートは2月1日のキャンプインからということで、
これが今季(=2005年度)の初観戦となります。

球場に向かう前にはプレナ幕張マリーンズボールパークに立ち寄り、
2005年ファンクラブ会員申し込みをしてから、キャップを買いました。
それから徒歩で球場へと向かいますが、いつものコンビニで昼食を買い、
相変わらず遠いなぁと話しながらも半年ぶりの千葉マリンでの観戦に心が弾みます。

ライトスタンドに到着すると結構人はいますが、まだまだ空席もたくさん。
1人で3席くらい占めてしまい、ゆったりと座りました。
試合開始までは1時間近くあったので、球場内の売店へ。
昨季で退団となってしまったミンチー投手のサイン色紙(印刷ですが)があったので、
これと友達へのお土産を購入し、スタンドへ戻りました。

普段はスタメン発表が試合開始30分くらい前なのですが、今日は15分前。
結構待たせるなぁと思いつつ、マリーンズベイスターズの守備練習をぼーっと見ていました。
外野でのキャッチボールを見ていると、1人暴投している奴が...古木...

ようやくスタメン発表。
ベイスターズは1番石井、2番種田...とベストメンバーに近い布陣を組もうとしている様子。
多村と金城がいなかったのは惜しまれますが。
さて、マリーンズ。1番小坂、2番西岡...と続き、7番までは大体予想の範囲内。
その次「8番 サード 初芝清」にライトスタンド爆笑。
「9番 指名打者 堀幸一」にライトスタンドどよめき。
この差は一体何なのでしょうか。

応援も久々にしましたが、声を出し続けているとすぐにノドが痛くなりました。
半年前はどうやっていたんだろう?といろいろ試してみて、
ようやくノドだけではなく腹の底から声を出すやり方を思い出しました。

試合に関しては多くを語りたくありません(爆)
簡単に書くと、マリーンズもベイスターズも貧打でした。
ベイスターズは先制こそしますが、小野晋吾の球が甘いのをついただけ。
マリーンズに至っては、3回にようやくランナーが出たと思ったら、
堀がバント小飛球を打ち上げてゲッツー。やってられない展開でした。

収穫と言えば、加藤康介。
過去に2ケタ勝利もあるのですが、
メンタル面が問題なのかここしばらく結果を出せていませんでした。が、今日は3回完全。
投球内容もアウトロー・インローのストレートで見逃し三振を取ったり、
カウント0-3にしても崩れず丁寧に相手打者を抑えたりで、見どころがありました。

8回終了までの所要時間は2時間5分。
このまま2時間15分で終わるか?と思いきや、
9回表に登板したM神田がベイスターズ打線につかまり、YB6-0Mとなりました。
そして、9回裏にはようやくフランコのソロ。
大量点を入れられてからお土産の1点という、とてもマリーンズらしい試合運びでした(涙)

試合結果: 横浜ベイスターズ 6-1 千葉ロッテマリーンズ

試合開始前はよく晴れていたのですが、途中から照明も灯るほどの天気となり、
M打線同様結構寒かったです。
その後はいつもの店であったかい紅茶とケーキ。
ほどよく体を暖めて、帰りの電車では爆睡しました。

お知らせ: 外野パスポートを購入してしまいました...
[PR]
by RRR134 | 2005-03-12 20:46 | 野球


<< 不思議なこと 75cm >>